>  > 期待感は最高だったかも

期待感は最高だったかも

期待感という点ではこれまでの風俗の中でもかなりのものだったんじゃないかなと思いますね。相手のIちゃんは風俗店のホームページを見てもかなり扱いが大きいですし、口コミを探してみたんですけどそこでも絶賛の嵐と言っても良い程高評価の多い女の子。そんな彼女とであれば絶対に楽しめるだろうという確信のようなものがありました。ただ、自分でもふと思ったんです。期待値が高まり過ぎているとそれはそれで後で困るのは自分だよなと。でもそんな心配は無用のものでした。なぜなら彼女はこちらの高まっている期待値以上のポテンシャルで楽しませてくれたからです。あれだけ楽しませてもらったので自分自身、かなり満足しています。高まって来た期待値をより超えてくる。これって言葉にするのは簡単ですけど実際には相当難しいと思うんです。でも彼女はそれを実践してくれたってことで、自分としても彼女には感謝の気持ちでいっぱいだったりするんですよね。

あれだけ凄いとは…という感動

風俗での感動はいろいろなバリエーションがあると思うんですよ。風俗嬢のルックスに感動させられたってケースもあれば、スタイルに感動するケースもあると思いますし、会話を通した全体的なコミュニケーションに感動したとか感動する要素って風俗にはいろいろとあると思うんですよ。でもこの前に関しては単純にテクニックに感動させられましたね。あれだけ上手なのって、どこで練習したのかなとか、もしかしたら生まれ持ったセンスなのかなとかいろいろなことを考えさせられました。それくらい本当に気持ち良かったってことです。上手なのももちろんなんですけど、的確だしこちらの気持ちをすべて見通しているかのようにいろいろな形で楽しませてもらえたのが感動の要因なんですよ。風俗である以上、サービスしてくれるのは当たり前だと思うんですけどすべてがピンポイントだったんです。だからこそ快感もそれ相応なものになったんじゃないかなって思っています。

[ 2016-11-19 ]

カテゴリ: 風俗体験談